マットレスを知る(トップページ) > マットレスの購入ステップ

マットレスの購入ステップ

マットレスの購入ステップ

1. 欲しい理由を明確にする

なぜマットレスが欲しいのかを明確にすることで、どんなマットレスを選んで購入すればいいのかが見えてきます。

  • 腰痛、肩こり、いびき、不眠、体の痛み、疲れなど、体の不調を改善したい
  • 今使っているマットレスがヘタってきた。弾力性がなくなった。軋む、汚れ・破れなどの劣化が気になる
  • 引っ越しなどにより、今のサイズより大きい(小さい)マットレスが欲しい
  • 結婚などにより1つのベッドで寝る人数が変わるため

2. サイズを決める

どのサイズのマットレスを購入しますか?

サイズは寝る人数だけでなく、部屋のサイズや体に合った広さなども考慮して選びましょう。

ベッドサイズの決め方はこちらをご覧ください

3. 予算を決める

だいたいの予算を決めましょう。品質のいいマットレスをできるだけ安く購入したいというのは、誰もが思うことですが、やはり品質のいいものは高価になってしまいます。ただし、高価だからと言って、品質がいいとは限りません。

安価なものはそれなりの品質になってしまいます。かと言って、高すぎるからといって良いとは限りません。素材やメーカー・ブランドによる値段の違いなどを理解した上で、予算を決めましょう。

一度に支払う金額だけに着目するのではなく、快適な睡眠を得るために1日あたりいくら費やせるかという考え方をすると、自分に合うマットレスを見つける近道にもなります。

4. 実際に試してみる

欲しい理由、サイズ、予算が決まったら、実際に商品を見に行って試してみましょう。実際に試してみることなしに、通販などでいきなり購入するのはおすすめできません。

どんなにいい素材を使った高価なマットレスでも、寝る人一人ひとりで感じ方は異なります。できれば、お店や展示会、ショールームなど専門知識の豊富なスタッフがいる場所で相談しながら試すといいでしょう。

5. 購入する

自分に合うマットレスが見つかったら、いよいよ購入です。同じ商品が安く買えるなら、購入する場所はお店でも、ネット通販でもいいでしょう。

マットレスは配送や搬入に人出がいるものなので、本体価格が安くなっていても、配送・設置費用を含めると割高になってしまう場合があります。

また、古いマットレスを処分する場合も費用がかかりますし、個人で処分するのは手間もかかります。少しだけ高くても、古いマットレスの引取り処分まで対応してくれるお店に頼んだほうがいいでしょう。

チェックシート

マットレスを購入する際に便利なチェックシートをご用意しました。
PDFでもダウンロード可能ですので、ぜひご利用ください。

なぜマットレスが欲しいのか

□体の不調を改善したい

腰痛  肩こり  いびき  不眠  体の痛み  疲れ

その他(                             )

 

□今使っているマットレスの劣化が気になる

ヘタってきた  弾力性がなくなった  軋む  汚れ  破け

その他(                             )

 

□引っ越しなどにより、今のサイズより大きい(小さい)マットレスが欲しい

今使っているマットレスのサイズ

セミシングル  シングル  セミダブル  ダブル  クイーン  キング

分からない:サイズ(cm)幅   cm/長さ   cm

 

□結婚などにより1つのベッドで寝る人数が変わるため

 

□その他

 

 

 

 

 

購入するマットレスのサイズ

セミシングル  シングル  セミダブル  ダブル  クイーン  キング

 

予算

          

 

購入するマットレスで寝る人数

大人  1人 2人

子ども 1人 2人

 

一緒に購入するもの

ベッドフレーム  枕  シーツ  敷きパッド  ベッドパッド  掛け布団

その他(                              )

マットレスを知る マットレスを選ぶ
秋山 融

YMC メディカルトレーナーズスクール最高技術顧問
IHTA 社団法人 国際ホリスティックセラピー協会 最高技術顧問
一般社団法人 日本介護事業連合会顧問
リフレーヌグループ総院長

秋山先生監修「むくみ・血行改善フクラハギ専用サポーター」はこちら>

▲ページのトップへ戻る