マットレスを知る(トップページ) > ベッドサイズの決め方は?

ベッドサイズの決め方は?

同じシングルサイズ、ダブルサイズといっても、メーカーによってサイズが違います。10~20㎝くらいの開きがありますから、「シングル」「ダブル」といった表記だけで決めずに、実際の数値を必ず確認しましょう。

ベッドサイズを決めるには、使う人の体の大きさ、体型が基準となります。さらに、1人で使うのか、2人で使うのか、人数によっても変わってきます。また、ベッドを置く部屋の広さや間取りとの兼ね合いもよく検討した上で購入を決めましょう。

自分の体のサイズから考える

基本となるのは、使う人の身長や体型で、それにあったベッドサイズを考えることが大切です。

1人で寝る=シングルサイズと考えがちですが、成人男性の場合、シングルサイズだとちょっと窮屈に感じることもあるでしょう。

ベッドサイズの決め方

一般的に、狭さを感じることなく、ゆったり休めるベッドのサイズは、体の幅にプラス30㎝(左右に15㎝ずつ)以上が望ましいとされます。

ですから、1人用のベッドだとしても、体の大きな人の場合には、シングルサイズ(100㎝)よりも、セミダブル(120㎝)のほうが、のびのびと手足を広げることができますし、寝相が悪くてもベッドから落ちる心配がなくていいでしょう。

ベッドの長さはどうする?

一般的なベッドの長さは195㎝ですが、メーカーによって190~205㎝くらいまで開きがあるので、自分の身長にあっているか、しっかり数値を確認しましょう。身長の高い人には、ロングサイズ(210㎝前後)がおすすめです。

2人用のベッドを選ぶとき

2人で寝るベッドというと、すぐに思い浮かべるのがダブルサイズですが、実際に2人で寝てみると、あまり余裕がありません。毎日使っているうちに窮屈に感じてくる可能性もありますから、ゆったりと眠りたいと思ったら、クイーンサイズかキングサイズを選ぶほうがいいでしょう。

また、ダブルにしてもクイーンにしても、なるべく振動が伝わりにくいタイプのマットレスを選びましょう。とはいえ、やはり1枚のマットレスだと、寝返りをうったり、寝たり起きたりする際に、どうしても振動が伝わります。夫婦の就寝時間や起床時間が違うと、そのたびに相手を起こしてしまうので、お互いにストレスになってしまうかもしれません。それを避けるために、マットレスを分割できるセパレートタイプにしておくという手もあります。

部屋の広さも考えて

ベッドは、部屋の中で大きな面積を占めますから、部屋の広さや間取りを考えて、それに応じたものを選びましょう。ドアの開け閉めや窓の位置、他の家具の配置、導線なども考慮しましょう。

ベッドサイズの決め方については、あわせて「部屋の大きさで選ぶ>」「何人寝るかで選ぶ>」もご覧ください。

サイズ別の詳しい情報

マットレスを知る マットレスを選ぶ
秋山 融

YMC メディカルトレーナーズスクール最高技術顧問
IHTA 社団法人 国際ホリスティックセラピー協会 最高技術顧問
一般社団法人 日本介護事業連合会顧問
リフレーヌグループ総院長

秋山先生監修「むくみ・血行改善フクラハギ専用サポーター」はこちら>

▲ページのトップへ戻る