マットレスを知る(トップページ) > マットレスの寝心地を決める素材の種類とは?

マットレスの寝心地を決める素材の種類とは?

ひとことでマットレスと言っても種類が多すぎる上に、メーカーごとで種類の名前が異なっていたり聞き慣れない単語が商品名に使われていたりするため、初めて本格的にマットレスを選ぶ人は困ってしまいますね。

自分に合うマットレスを選べるように、基本の素材と構造をしっかり理解しましょう

マットレスの素材や構造は様々で、それぞれ寝心地や耐久性も変わります。主にワイヤーを使ったバネで作られたコイルタイプ、ワイヤーを使っていないノンコイルタイプに分けられます。コイルタイプはスプリング、ノンコイルはノンスプリングとも呼ばれます*。

*: 当サイト「安眠シュタイン」では、「コイル・ノンコイル」という呼び方で統一します。

コイルマットレス

ポケットコイル

バネ(コイル)の反発性を使って弾力を再現しているタイプ。

コイルタイプのマットレスには、大きく分けて下記の2タイプがあります。

  • 一つ一つコイル袋に入れることでコイルを独立させたポケットコイル
  • 一つ一つのコイルを連結させた、または1本のワイヤーでコイルを編み上げたボンネルコイル

コイルマットレスの構造

コイルタイプのマットレスは、メインの素材の他にも異なる素材を重ねあわせた構造になっているものが多く売られています。これは、コイルだけでは体に当たる感触が悪いという理由と、他の素材を組み合わせることで寝心地の良さや耐久性の高いマットレスを実現しているためです。

コイルマットレスの構造例

ポケットコイルの構造

ノンコイル

マットレス新素材

コイルを使わない素材で造られたタイプ。現在のマットレス業界には多くの新興メーカーが参入してきており、そのほとんどがノンコイルマットレスを主力商品として掲げています。

ノンコイルマットレスの構造

ノンコイルタイプマットレスには1つの素材のみで構成されているものも多くあります。

タイプ コイルタイプ その他
ポケットコイルマットレス ボンネルコイルマットレス ノンコイルマットレス
ポケットコイル ボンネルコイル マットレス新素材
特徴 現在流通しているマットレスの主流タイプ。一つ一つコイル袋に入れることでコイルを独立させたタイプ。

 

一つ一つのコイルを連結させた、または1本のワイヤーでコイルを編み上げたタイプ。 コイルを使わない素材で造られたタイプ。ウレタンフォームや化学繊維を編みこむことで弾力性を出しているタイプや天然ゴム、ゲルタイプなど素材は様々。
良い点 身体の曲線に合わせてマットレス表面が沈み込みフィットするので快適。横向き寝の際に下側の肩が沈み込み、肩が痛くなりにくい。

隣で寝ている人の振動が伝わりにくい。

ポケットコイルマットレスに比べて通気性が良い。 薄いタイプが多く、既存のマットレスを廃棄せず上に敷くことで寝心地改善が期待できる。

軽い。

コイルタイプに比べて廃棄が楽。

良くない点 ボンネルコイルに比べて通気性が劣る。 隣で寝ている人の振動が伝わりやすい。 密度が高い素材は通気性が悪い。

素材によって耐久年数や耐熱性が劣る。

向いている人 2人以上で寝る

柔らかめが好き

横向き寝が多い

硬めが好き

 

畳の上でも使いたい

持ち運びたい(アスリートの方など)

 

メーカー シモンズ、アンネルベッド、サータ、シーリー、日本ベッド、東京ベッド、ドリームベッド、フランスベッド、無印良品、ニトリ、イケア など

 

サータ、シーリー、ドリームベッド、フランスベッド、無印良品、ニトリ、イケア など

 

西川エアー、エアウィーヴ、マニフレックス、テンピュール など
詳細 コイルマットレスについて> ノンコイルマットレスについて
マットレスを知る マットレスを選ぶ
秋山 融

YMC メディカルトレーナーズスクール最高技術顧問
IHTA 社団法人 国際ホリスティックセラピー協会 最高技術顧問
一般社団法人 日本介護事業連合会顧問
リフレーヌグループ総院長

秋山先生監修「むくみ・血行改善フクラハギ専用サポーター」はこちら>

▲ページのトップへ戻る