マットレスを知る(トップページ) > あなたに合うマットレスの硬さ

あなたに合うマットレスの硬さ

「マットレスが柔らかくて腰痛になった」「硬いマットレスで首を痛めた」などは寝具選びの際によく聞くフレーズですが、そもそもマットレスの硬さとは何でしょう?

一般論として「腰痛には硬めのマットレスを選ぶと良い」と言われますが、そもそも「硬い」「柔らかい」は個人の感覚なので、一概に「この硬さのマットレスが良い・悪い」とは言えません。

実際に寝てみたときに自分の体がどのくらい沈むか、すなわち「理想の寝姿勢」の再現性で自分に合う硬さを判断する必要があります。

理想の寝姿勢が再現できる硬さとは?

寝ている時も立っている姿勢とほぼ同じ状態が再現できることが、身体に負担が少なく一番いい寝姿勢です。

理想の寝姿勢

寝る人にとって硬すぎると、背中やお尻が沈まず腰が浮いて隙間ができてしまいます。柔らかすぎると腰やお尻が沈みすぎて身体がくの字に曲がってしまいます。

どちらも腰や背中などに負担がかかってしまう寝姿勢です。

寝姿勢と同じく重要な「寝返り」

マットレスの硬さは、寝姿勢と同じくらい重要な「寝返り」にも深く関係しています。

人は、1回の睡眠に20~30回程度の寝返りをうつと言われています。寝返り回数は少ないほうが熟睡できているので良いと勘違いしている人も多いと思いますが、それは間違いです。

寝返りは睡眠の質を高めるために重要な役割を担っています。睡眠中にずっと同じ姿勢でいることは、身体の同じ部分が圧迫され続けて血の巡りが悪くなり、身体に負担をかけます。寝返りを行うことで、これらを防ぐことができます。

また、体温や布団の中の湿度・温度を調節する役割も果たしています。

一方で、寝返りが多い人は、身体への負担を減らすため、おのずと寝返り回数が多くなっている可能性が考えられます。寝返り回数が多いということは、ちゃんと休息できていないことと同じですので、長い時間寝ても寝た気がしないなどの不調を招きます。

マットレスが柔らかすぎると身体が沈み込みすぎてしまい、寝返りを打つにも余計な力を必要とします。筋肉量の少ない人は寝返りをするための力も弱いので、寝返り回数が減ったり、かえって疲れが溜まる原因にもなります。

また、マットレスが硬すぎると1回あたりの寝返りにそれほど筋力を必要としませんが、体にかかる圧を減らすために寝返り回数が多くなり、やはり寝ても疲れが取れないという不具合に繋がります。

このように、寝返りがしやすい硬さのマットレスを選ぶことはとても重要ですので、お店などで試す際には寝姿勢のほかに寝返りが楽に打てるかどうかもしっかりと確認しましょう。

部分的に硬さの異なる構造を持つマットレス

理想的な寝姿勢を実現するためや、体重・体格のことなる2人で寝ても快適な睡眠が出来るようにと、部分的に硬さを変えてあるマットレスもあります。

体圧の高い腰部分が固くなっているマットレス
体圧の高い腰部分が固くなっているマットレス

寝る人にあわせて硬さが変えられるマットレス
みどり部分:普通、きみどり部分:硬め

ウエストが細く腰骨が出ている女性や、横向きで寝ることの多い人は肩や腰が無理なく入り込む柔らかさのマットレスが良い

マットレスを知る マットレスを選ぶ
秋山 融

YMC メディカルトレーナーズスクール最高技術顧問
IHTA 社団法人 国際ホリスティックセラピー協会 最高技術顧問
一般社団法人 日本介護事業連合会顧問
リフレーヌグループ総院長

秋山先生監修「むくみ・血行改善フクラハギ専用サポーター」はこちら>

▲ページのトップへ戻る