マットレスを知る(トップページ) > マットレスの寿命は?耐用年数はどのぐらい?

マットレスの寿命は?耐用年数はどのぐらい?

マットレスにもいろいろありますが、品質のいいものはやはり、高価な買い物になりますから、できるだけ長く使いたいものです。実際には、寿命は何年くらいなのでしょうか?

使う人の体格や使用時間、使い方、人数、使用環境により異なりますが、マットレスの耐用年数はおおよそ下記のように言われています。

  • コイルマットレス:約10年
  • ノンコイルマットレス:約7年

マットレス寿命の見極め方

耐用年数が過ぎていても、見た目には、それほど大きな変化がないこともあります。そんなときは、マットレスの寿命が来たことの判断材料として、次の項目をチェックしてみてください。

  • マットレスが凹んだ(ヘタりが出てきた)
  • 購入したときよりも柔らかくなり、寝ていて違和感がある
  • スプリングの軋み音がする
  • 広い範囲や複数箇所に破れやほつれがある
  • 横になった時に、スプリングが身体に当たる感じがする(クッション部分のヘタリの可能性がある)
  • 寝付きが悪くなった、目覚めた時に身体が痛い

マットレス寿命の見極め方

注意! 保証期間=耐用年数ではない

私たちは保証期間が長いと、それだけ耐用年数が長いと思いがちですが、保証期間と耐用年数はイコールではありません

例えば、10年保証マットレスのクッション部分にヘタりが出て交換してもらおうとしても、スプリングのみが保証対象などという場合があります。保証期間だけを見て耐久年数を判断するのではなく、購入した時と近い状態で使い続けられる年数をお店やメーカーに確認しましょう。

長く使うためのお手入れ

マットレスの耐用年数は、使い方次第でも変わってきます。

一部分のみに負担がかかり過ぎないために、マットレスの向きを定期的に変えることや、カビを発生させないためにシーツやベッドパットをこまめに洗濯したり、部屋の換気に気をつけるなど、少しのお手入れで長持ちさせることが可能です。

詳しい方法は「コラム 長持ちさせるお手入れ方法」をご覧ください>

マットレスを知る マットレスを選ぶ
秋山 融

YMC メディカルトレーナーズスクール最高技術顧問
IHTA 社団法人 国際ホリスティックセラピー協会 最高技術顧問
一般社団法人 日本介護事業連合会顧問
リフレーヌグループ総院長

秋山先生監修「むくみ・血行改善フクラハギ専用サポーター」はこちら>

▲ページのトップへ戻る