マットレスを知る(トップページ) > コラム > 結婚を機にマットレスを買う

結婚を機にマットレスを買う

結婚を機にマットレスを購入するとき気をつけること

結婚を機に新居に引っ越したり、ベッド(マットレス)を新調したりする人も多いでしょう。

これから始まる新婚生活に向けて、2人用のベッドとして真っ先に考えるのはダブルベッドかもしれません。しかし、もう少し長いスパンで将来のことを考えると、また違った選択肢が見えてきます。

子どもが生まれることを考えると

まず考えられるのは、子どもが生まれる可能性です。子どもが生まれると、当然ながら、それまでとは寝方が違ってきます。

たとえば、

  • 夫妻はダブルベッドで寝て、赤ちゃんはベビーベッドで寝る。
  • 妻と子どもがダブルベッドで寝て、夫はシングルベッドで寝る。
  • 3人で川の字になって寝る。

といったケースが多いようです。

3人で川の字になって寝る場合には、ダブルベッドでは窮屈なので、あらかじめクイーンサイズかキングサイズにしておいたほうがいいでしょう。

関連記事:寝る人数によるマットレスの選び方

ダブルベッドではなくシングルベッド2台

ベッドメーカーの人に聞いた話によると、新婚カップルでもダブルベッドではなく、シングルベッドを2台購入することが増えているそうです。

10年後のことを考えると、寝室は別々にするかもしれないから、ベッドは各自1つずつがいい」というのが、その理由だそうです。

若い頃はシングルベッドをくっつけてキングサイズとして使い、やがてそれぞれに生活のリズムがちがってくると、シングルベッドとして使うというのも可能です。それぞれの生活スタイル、人生のプランにあわせて賢く選びましょう。

マットレスを知る マットレスを選ぶ
秋山 融

YMC メディカルトレーナーズスクール最高技術顧問
IHTA 社団法人 国際ホリスティックセラピー協会 最高技術顧問
一般社団法人 日本介護事業連合会顧問
リフレーヌグループ総院長

秋山先生監修「むくみ・血行改善フクラハギ専用サポーター」はこちら>

▲ページのトップへ戻る