マットレスを知る(トップページ) > マットレスを選ぶ > 部屋の大きさでマットレスを選ぶ

部屋の大きさでマットレスを選ぶ

ベッドのサイズを決める上で、大切な要素として使う人の体の大きさや使う人の人数がありますが、もう一つ大切な要素は部屋の広さと間取りです。なんといってもベッドは大きなスペースを占めますから、寝室の広さやレイアウトによって、使いやすいベッドのサイズも変わってきます。

部屋の大きさが6帖の場合は、シングルセミダブルが妥当でしょうし、8帖の部屋であれば、ダブルクイーンサイズのベッドを置けるでしょう。キングサイズになると、10帖以上の広さがほしいところです。

また、ベッドを置いたときに、ドアの開け閉めに支障がないか、クローゼットの開閉に支障がないか、窓やベランダへの導線を確保できるか、ドレッサーなど他の家具がちゃんと置けるかなど、それぞれのサイズを図面に描いて、シミュレーションしてみる必要があるでしょう。

ちなみに、クイーンサイズ以上のマットレスは、通常の一戸建ての場合、部屋のドアを入らなかったり、廊下や階段を通って搬入できなかったりすることが多いので、2階に寝室があるときは、クレーンで吊ってベランダの窓から搬入するなどの方法をとります。

マンションの場合でも、エレベーターや階段で運べないことがあるので、搬入の経路を確保できるか、きちんと調べておきましょう。せっかくクイーンサイズのベッドを買ったのに、部屋に入らない、なんてことがないようにしたいですね。

部屋の大きさでマットレスを選ぶ 6帖

部屋の大きさでマットレスを選ぶ 8帖

マットレスを知る マットレスを選ぶ
秋山 融

YMC メディカルトレーナーズスクール最高技術顧問
IHTA 社団法人 国際ホリスティックセラピー協会 最高技術顧問
一般社団法人 日本介護事業連合会顧問
リフレーヌグループ総院長

秋山先生監修「むくみ・血行改善フクラハギ専用サポーター」はこちら>

▲ページのトップへ戻る