マットレスを知る(トップページ) > マットレスを選ぶ > 寝る人数によるマットレスの選び方

寝る人数によるマットレスの選び方

ベッドサイズは、使う人の身長や体型を基準にして決めるのが一般的ですが、何人で使うのかという点も重要な要素です。

1人で寝る場合

シングルが基本になりますが、部屋が狭い場合には、シングルよりもコンパクトなセミシングルにするという選択肢もあります。

また、体格のいい人やゆったりと手足を伸ばして眠りたいという人には、セミダブルやダブルが望ましいでしょう。

寝る人数 1人

2人で寝る場合

2人用のベッドというと、真っ先に思い浮かべるにはダブルサイズです。ダブルサイズの場合、2人の体の間隔が近いので、寝返りを打ったときなどに振動が伝わりにくい、たとえばポケットコイルなどのマットレスがいいでしょう。

また、実際に使ってみると、2人で寝るにはダブルベッドは少し狭く感じるかもしれません。ゆったり眠りたい人は、クイーンサイズかキングサイズを選ぶほうがいいでしょう。

ただし、クイーンサイズやキングサイズのマットレスは、ドアから入らなかったり、運ぶときに階段で曲がりきれなかったり、マンションのエレベーターに入らないということもあります。こうした状況にそなえて、マットレスが分割できるセパレートタイプを選んでおくのもおすすめです。

一方の寝相が悪かったり、いびきをかいたり、ということがあると、もう1人の安眠の妨げになって、お互いにストレスがたまる、なんてことも起こりがちです。

そうしたことも想定して、ダブルにするか、それともシングル2台にしておくか、セミシングルを連結してキングサイズにできるものにするか、など、いろいろな選択肢の中から最適なものを選びましょう。

寝る人数 ふたり

3人で寝る場合

大人2人のあいだに子どもを挟んで3人で寝る場合は、ダブルサイズだと狭いので、クイーンキングサイズがいいでしょう。分割できるタイプを選んでおくと、将来的に別々の部屋で使うことになっても対応できるので合理的です。

マットレスをくっつけて使用する場合、マットレス間の隙間が気になるときは、厚めのベッドパットを敷いたり、ピロートップ(マットレスの表面にのせるクッション材)を使うことで解決できます。

寝る人数 3人

ベッドサイズについては「ベッドサイズの決め方は?」「部屋の大きさで選ぶ」もあわせてご覧ください。

マットレスを知る マットレスを選ぶ
秋山 融

YMC メディカルトレーナーズスクール最高技術顧問
IHTA 社団法人 国際ホリスティックセラピー協会 最高技術顧問
一般社団法人 日本介護事業連合会顧問
リフレーヌグループ総院長

秋山先生監修「むくみ・血行改善フクラハギ専用サポーター」はこちら>

▲ページのトップへ戻る