マットレスを知る(トップページ) > マットレスを選ぶ > 悩みから選ぶ > 体の痛みに適したマットレス

体の痛みに適したマットレス

体の痛み

朝起きたときに、背中や体のあちこちが痛いというとき、マットレスがあっていない可能性があります。

体にあわないマットレスで眠っていると、リラックスできずに緊張したり、力が入ってしまうので、体の凝りや痛みにつながります。

窮屈なソファで寝たときなどに、体の節々が痛くなることがありますが、ちゃんとベッドで寝ているのに、疲れがとれない、体が痛いという人は、マットレスがあっていないのかもしれません。

一般的に、やわらかすぎるベッドで寝ていると、スムーズに寝返りが打てずに、ずっと同じ姿勢を続けることになるので、背中や腰に負担がかかって痛みが出てくることがあります。

また、ふだんの生活の中での姿勢の悪さが筋肉痛や疲労の原因になっていることも考えられます。ゆっくり入浴して筋肉のこりをほぐして血行をよくしたり、寝る前に体のストレッチをしたりすることも大切です。

体の痛みには、マットレスだけでなく、枕も重要なポイントです。枕のサイズ、高さや置き方によって体の痛みが軽減することもありますから、いろいろ工夫してみましょう。

マットレスを知る マットレスを選ぶ
秋山 融

YMC メディカルトレーナーズスクール最高技術顧問
IHTA 社団法人 国際ホリスティックセラピー協会 最高技術顧問
一般社団法人 日本介護事業連合会顧問
リフレーヌグループ総院長

秋山先生監修「むくみ・血行改善フクラハギ専用サポーター」はこちら>

▲ページのトップへ戻る