マットレスを知る(トップページ) > マットレスを選ぶ > 性別・年齢で選ぶ > 男女別のマットレス選び

男女別のマットレス選び

性別によるマットレスの選び方

一般的に言って、大まかな傾向としてですが、男性と女性では、体型や体重、筋肉量など、身体的な差異があります。ですから、それぞれに適したマットレスが考えられます。

男性に適したマットレス

サイズ

男性は女性よりも大柄なので、特にサイズのチェックは大切です。まっすぐに寝た時に無理なく足が伸ばせ、体の左右にも余裕のあるサイズにしましょう。体に負荷をかけずに寝返りがしやすくなります。

180cm前後ある背の高い男性は、ロングタイプのマットレスがいいでしょう。通常サイズよりも10cm前後長いため、背の高い人でも自然な姿勢で眠ることができます。

また、がっしりした体格の男性は、シングルサイズより横幅が20cmほど広いセミダブルサイズのマットレスがいいでしょう。目安として、左右に25cmほど余裕があるのが理想です。

硬さ

男性は女性に比べて重いので、適度に硬めのしっかりしたマットレスがいいでしょう。素材の中でもボンネルコイルを使ったものは硬く、体重のある男性でもヘタレにくい特徴があります。筋肉質の方にもおすすめです。

臭い

男性独特の臭いが気になる方は、マットレス自体よりも付属品に消臭効果があるものを選びましょう。例えば、消臭効果のあるシーツや枕などがあります。

もちろん定期的なシーツの交換や、マットレスを日陰干しして湿気がこもらないようにすることも大切です。

女性に適したマットレス

サイズ

155cmほどの小柄な女性は、通常サイズよりも小さいサイズでも大丈夫です。ベッドのスペースを減らし、マットレスの価格も下げられる可能性があります。

身長が155cmくらいの女性は、ショート丈のマットレスでも大丈夫です。ショート丈のマットレスは通常よりも長さが15cmほど短い約180cmのマットレスで、製造しているメーカーはあまり多くはありません。

スリムな女性なら、セミシングルサイズでも大丈夫かもしれません。セミシングルは、シングルよりも横幅が10~15cmほど狭くなったサイズです。試してみて、寝返りのときに窮屈さを感じないようなら問題ないでしょう。

硬さ

男性よりも体重が軽く筋力量の少ない女性は、低反発やポケットコイルのマットレスが向いています。低反発マットレスやポケットコイルマットレスは体が沈み込みすぎる心配がありますが、軽ければ沈み込みすぎずにすみます。ボンネルマットレスなどの硬い素材にして体になじまない場合は、腰に負担をかけて腰痛になる可能性があります。

マットレスを知る マットレスを選ぶ
秋山 融

YMC メディカルトレーナーズスクール最高技術顧問
IHTA 社団法人 国際ホリスティックセラピー協会 最高技術顧問
一般社団法人 日本介護事業連合会顧問
リフレーヌグループ総院長

秋山先生監修「むくみ・血行改善フクラハギ専用サポーター」はこちら>

▲ページのトップへ戻る