秋山融 プロデュース商品
むくみ・血行改善にヒザ専用のサポーター「ストリンテックステーピングゲーター」
ストリンテックステーピングゲーター
ご購入はこちら
整骨院やカイロプラティックで使用される伸縮性、通気性に優れたストリンテックステープの考案者・秋山融とバチスタドクター・村上浩により考案された『ストリンテックステーピングゲーター』。

膝蓋骨(ひざのお皿)をストリンテックステーピング構造で固定し、ひざ靭帯の機能を補助。関節の動きを安定させ、ひざの痛みを軽減させます。
ストリンテックステーピング機構とは
整骨院やカイロプラティックで使用される伸縮性、通気性に優れたストリンテックステープの考案者・秋山融による新しい機構。ストリンテックステーピング機構はテーピング効果により、血行・リンパの改善を促します。
こんな人におすすめ!
◇ランニング・マラソン・ジョギング・ゴルフ・テニス・登山などのスポーツ全般
◇日常歩行をサポートし、生活の幅広いシーンで重宝します。
使用方法
1
ストリンテックラインが足のオモテ面(膝側)にくるよう、製品をたぐりよせ、ゆっくりとつま先を入れて下さい。
1
両手の親指を内側に入れて、膝まで引き上げて下さい。
1
ストリンテックラインの中心部分が膝蓋骨(ひざのお皿)の中心にくるよう、均等に伸ばし固定して下さい。
ご購入はこちら
開発者 プロフィール

秋山 融 Toru Akiyama

1951年、東京都生まれ。

YMCメディカルトレーナーズスクール最高技術顧問
IHTA社団法人国際ホリスティックセラピー協会
最高技術顧問一般社団法人 日本介護事業連合会
顧問フレーヌグループ総院長

柔道整復師として桐ヶ丘整骨院を開業。後にカイロプラクティックと出会い、カイロプラクターとして多くの患者の施術を行う。的確で効果的な施術に、政治家やスポーツ選手、芸能人までも足繁く通うカリスマカイロプラクター。趣味はジョギング、ゴルフ、ジム通い。
秋山 融 Toru Akiyama
秋山 融 Toru Akiyama

村上 浩 Hiroshi Muakami

1969年、東京都生まれ。IMCクリニック院長

ジュニアユース(U-16)サッカー日本代表としてアジア
予選でのプレー経験や高校選手権への出場経験を持つ。
日産自動車サッカー部に所属しながら聖マリアンナ医
大にて医学を学び、1年後に医師の道を選んでサッカー界を引退。
心臓血管外科医として多くの手術を手掛ける中、2012年に秋山融と出会い、2013年1月より 社団法人国際ホリスティックセラピー協会理事に就任。